FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

AMDA様より感謝状を頂きました 

突然でしたが、先日の上映会での支援金活動について、感謝状が届きました。

写真掲載をと思いましたが、スキャンしたファイルが大きすぎて一旦縮小変換しての
アップロードをしなければ。年度末での繁忙期のため、4月になってからアップさせて下さい。

本来は僕個人に送られてくる物ではなく、ご協力頂いた多くの方々へ送って頂きたい物。

ましてや 感謝される事など何もしてはいないのですが。

支援金を集めたというのは聞こえは良いのですが、活動自体は他力本願の全く手を汚さない物。
募金は皆様ですしね。

でも、貰うと嬉しい物です。感謝状なんて初めてです。
本当に皆さん、ありががとうございまいした。

只、今もなお、一向に生活の向上しない方々が多く居られ、公的支援も限度枠や法に縛られていたりと矛盾も多く
出ていることと察します。

AMDAも活動拠点は僅かな物。しかし支援金は活動費となります。国や企業、個人ができない事を行っている団体はAMDAに限らず多くあると思います。

僕の居住地は西日本。今は安泰に暮らしております。その分活動できる誰かに頼るしか支援できません。
義援金も大事ですが、活動している各団体への支援も心に留めてくだされば感謝状を頂いた価値もあるのかな。
支援は現金ばかりとは限りません。何が今できるかを問い合わせてみると、以外にあまり物で良かったりするそうですが、訊ねてから送って欲しいとは良く聞きますね。

今日は偉そうな物の書き方となりましたが、ちょっとだけ心に留めておいて下されば幸いです。
スポンサーサイト



[edit]

委員会って複雑… 

2199の公開、イベント、そしてDC版。招待日程発表。
公式ヤマトファンにとっては悲鳴が上がる程の情報が続き嬉しい限りの様相です。

只、ローカルの身としては当初から招待上映は東京になるだろうと察してましたし、2199ですら日程は厳しい。
いずれは目にする事の出来る映像ならば、無理をしてまで行くべきか否か。
もちろんファンが集まるのは必至ですから行きたいのは山々なれど、平日休みのローカル者には難関であります。

で、東北新社への訪問の際に訪ねてみました。フィルムの配給許可場所。
いつかは東北新社へとなるのでしょうが、当分は制作委員会に許可を求めるようになるでしょう。
制作委員会・・・ご存知の方は多いでしょうが、複数の会社からなる版権者ですね。
となれば関わっている会社すべてに問い合わせるのか?
と言うよりは、上映会の為に配給する、という前例が無いでしょうから問い合わせ窓口が無い為、たらい回しになるでしょう(^^;とのお言葉を頂きました。
えっ!?って思われるかも知れませんが僕は納得。
「さらば」ですら東北新社に辿り着くまで、散々調べまくりでしたから、制作委員会となれば余計厄介でしょう。
ちなみに、僕が申請できたのは映写業者をバックに申請窓口として動いたからで、個人で東北新社が受けてくれたのは”何かの間違い”だったそうです(^^;
前例があるってのはいいですね。
どうやら次回は僕でも難しそうです。

でもね、東北新社さんとしても上映会でフィルムが配給されるのは大歓迎のようなので、ぜひ業者を通じてお申し込みくださいって。要はフィルムの紛失等があると莫大な補償を被る事となるので安全策としてという事と、基本は法人相手だという事です。

間が入れば当然料金が上がるので、もう少し安くなりませんか?と聞きましたが、著作権者がおられるのでと苦笑いされました(^^)
その辺りも詳しくお話くださり勉強にはなりましたが、それは残念ですが僕の胸のうちに。

して僕として企むのは、2199の地元公開。
東北新社さんから、上映会社にリクエストするのが一番とお聞きし、問い合わせてはみましたが残念ながらやはり現在予定の公開劇場以上の拡充は無いとのこと。
劇場を貸しきる事は出きるそうですが、配給は無理。
当然ながら、以前に談話室で質問のあった配給料金なんぞは今は出せませんねえ。

そんなこそこそしながら、2199ローカルで模索中です
TVで観れるんだろうけどね^^;(h04)文字色


[edit]

上京してきました 

さすがに師走。仕事も何も忙しくなり、更新もすっかり滞ってます(^^;
そんな中、ヤマトクルーのオフ会へも参加してきたりと、楽しんではおりますが、先日東京へ行く機会に恵まれました。
現地集合、現地解散という有難い出張でここぞとばかり自由行動を!
目指すは青山のCAFECREW、そして東北新社へと。

過去2回の配給御礼と少々の訊ねたき事ありで、事前アポイントを取り承諾頂きました。
当方の第一希望日が無理でしたので、空いた初日に折角の青山、エナジオ社に行って見ようと訪問(^^
こちらはアポ無しですし、アポ取る理由も無いので、当然ですが入れません。
社名をカメラに収めて退散でしたが、個人としては大満足。

その昔、ヤマトファンはスタジオやら、ファンクラブ本部やらへ訪ねていたそう。
オフ会でお会いした方も都度訪問し常連と化して、いつぞやの試写会招待に外れたから、とお願いしたら別手配してくれた、なんて過去秘話をお聞きしてなんとも羨ましくローカルには行く事なんてできないよ。
当時は只、そんな記事を載せている会報誌を眺めてました。

そんな想いが30年も月日を越えて、現実目の前にあると、何の変哲も無い無機質なビルの入り口階段付近でも
感無量に浸ってしまいます。

日変わって、翌日は東北新社訪問。メトロ初体験で半蔵門線に乗り換えたつもりが上りと下りのホームを行き来しただけで反対に乗り替えてしまったりと、すました顔して田舎者丸出しでした。

東北新社様にては、浅いような深いようなお話を頂き、詳しくは言えませんが簡単に内容を言いますと
これから上映会を企画するファンが、もっと気軽に上映会を出来る方法は無いかを訪ねてみました。

そして気になるこれからの新作の影響。前にも触れましたが、業界の掟として、新作上映の際には旧作上映は配給停止となる事がある。という点ですね。

さあ、気になる核心部分だと思いますが、此処で無責任にも寝ます(^^)

気まぐれ更新でごめんあそばし。
続きは遅くても水曜日迄には書きます。

師走は事故が多いのです。今日も救急車が多く行きかってますね。此処を読んでいただいてる方々、お気をつけ下さい。(h04)



[edit]

実現するならまずは会場 

自分では上映会しておきながら、個人では無理だよと言っているような気がしてきました。
だから、まず何から始めたら良いかを書いておきます。
必ずしもではないのでご注意ください。

フィルムを手配頂くには、まず会場を決めて、席数を伝えなければならないようです。
来場がたとえ30人でも、会場席数が1000席あれば、1000人分で配給金額が決定されるようです。

劇場を借りるのか、市民施設を利用するのか。はたまたホテルの会議室などを利用するのか。
規模により料金も変動があるようですが、企画内容によっては配給はなされません。

35mmの映写技機は今や映画館からも撤去され始めています。会場を決めたら映写設備と技師の手配をしなければフィルムだけ借りても映写できません(^^)

映写技師を決定したら、日時を決定して、場所と上映回数を決め企画書を作成します。日時は許可が取れれば変更はOKです。ですが、土日と言うのは公共施設はかなり先まで予約で一杯、毎年恒例行事が多いんですね。
定期公演とか。その合間をぬって予約しなければなので、交通の便の良い会場などは一杯かも。

この作った企画書を何処に出すか。東北新社 映像本部 配給部にその部署がありますが、個人でいきなりでは突っ返されます。僕も「さらば」の時は必ず業者を通すようにとの事で、名古屋のシネマ雄に依頼しました。

会場選び。僕は「当時の感動を子供に」にこだわったので「さらば」では大ホールを選択。初めてなので地元を。会場の職員方の融通や施設利用の気軽さ、新幹線駅等を考慮して 玉島文化センターに決定しましたが、
ローカルゆえに格安、都心部等では高いでしょうね。

「永遠に」が福山になったのは、「さらば」上映の候補地としてあった事、日程変更の為、玉島が空かなかった事、会場の借り易さ、料金の安さ。(空調費込みは他施設から比べ格段に安い)
ちなみに姫路や、博多も探したんですよ。
 
駐車場の問題もありましたね、もし、さらばの時に100名越えてたら、駐車場が無くてパニックになってたかな。臨時駐車場やシャトルバスの手配も検討してはいましたが、予算は無かった。
それほどにヤマトのフィルム配給料は予想以上に高かったんです!

そんな訳でフィルム上映会を企画するなら、まずはどんな所で上映するのかを決めましょう。
参考になるかな?(h04)







[edit]

答える立場ではございませんが(^^) 

ヤマトクルー談話室という公式宇宙戦艦ヤマト HPがあります。
不肖、私もサイトへ登録し、はっしーゼロフォーと名乗っておりますが、
先日、投稿コメントに フィルム代に対する質問が上がってました。
仮にも 上映会ブログを立ち上げている身としては、おお!と興味がでましたが、質問はサイト管理者に向けての様子。知ったかぶりで答えるのも的外れでは宜しく無いのでここ感想だけ述べておきます。

DC版 上映が2館のみと聞けば自分でやってみたいと思う方が出てくるのは必然。
とってもいい事と思いますが、素人が簡単に首突っ込むと、業界のかたからこっぴどい目にあう地域もあるようですからご注意を。

規定書なんてものを期待していては自主上映は出来ません。何処そこでやりたいと企画して地元の映画会社か
グーぐるで自主上映で検索できるサイトの業者へ全てを任せるのが一番。

フィルムってレンタルビデオじゃないので、貸し出しでなく配給。
配給品はとうぜん 時価 でしょう。幾らですか?って聞いても、はい幾らです。とはね。

上映が終わって、DVD販売が一段楽した頃、バンダイビジュアルから、版権元に配給品が戻る頃になら
我々素人が上映できる機会がめぐってくるのでは?

エナジオ社に戻って、ファンには無料だよ~ なんて過去のファンクラブのような優遇が出来たらいいですが、
東北新社の元に行けば、しっかりと高い事になるんじゃないですかね。

[edit]