FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

暗殺計画は失敗に終わるもの 

前回の自分のブログ記事はひどかった。
寝不足で書くものでは有りませんね(汗)

拍手もつけて頂いているので、これも航海日誌、いや公開日記の一部として削除せずにおきます。

今回のカテゴリはお知らせ。お知らせする程のことは無いのですが、
前回、書き損なったのでお知らせとして。

2199は6章を迎え、七色星団決戦へと向けて気運を高めておりますな。
5章で大方の謎を明かしながら、更なる視聴者の未知の展開を含め進展。
旧作を見ていた頃の、ヤマトはどうなってしまうんだア~、と言うハラハラ感は薄いのですが、
宇宙戦艦ヤマトのドラマはどう展開していくんだア~!と言う期待感でいっぱい(笑)

前夜祭チケットも1章がガラガラだったのに、今や即完売、新宿は追加販売だそうで
2199の盛り上がりも絶好調?TV放映は相当数の寝た子を起こしたのか。

とは言え、地方では愛も変わらず、いや相も変わらずヤマトブームは静かなもんです。
プラモコーナーや書店では目にするものの、建設屋の看板とかはないし、ポスターもないよ(^^;
TVが始まったので小学生も見始めたらしいが、難しいから止めた。とは息子の級友の事…

そんな地方で盛り上ろうと、密かに思い立っていたのは音楽祭なのでした。
が、これ出来そうに無いと判断に至ったのでお知らせと相成った訳。

東京でのヤマト音楽祭が開かれて、行けなかった残念さと、以前に津山公演で聴く事ができた大阪音楽団、
また大阪芸大の岡山プロムナードコンサート。
学生の演奏だからと小ばかにされた意見も有りましたが、僕は生で聴いて凄く良かったんですよ。
もちろん子供連れて一緒に拝聴したんですけど、感動しますよ。
で、その時の演奏が序曲と誕生だったので、交響組曲を依頼して演奏してくれるオーケストラを探そうと思ったわけです。

地元大学へまずは依頼をと思ったのですが、打楽器演奏者が少なく難しいとの事。
ならば依頼演奏OKの別学生交響楽団へ問い合わせ。電話するとメールにしてと言われ、
暫し待つ事、数週間。突然の返信電話に期待をかけてお願いしたがその後音信不通。
着信番号に数度かけても全くの無視。
これには憤慨したが、お願いするほうだしとこらえても今だに何も無しで失礼きわまるのです。

そちらは無視して、こんなアガキを聞き知った知人が別のプロ楽団に問い合わせてくれました。
交響組曲のCDをお貸ししてまで(^^;;

帰ってきた応えは「お金がかかる」
当たり前の事ですが、ちょっと予想以上にかかるようで、それなりの金額をと言う曖昧な表現。

実現の為にはと、実際に演奏をした大阪芸大の方にご迷惑顧みず相談して見ました。
ら、楽譜調達等でやはり相当な金額がかかることが判明。
相当とは総統でもなく相当冗談がお好きなわけでもない。
演奏会の実現は可能と言う答えはでました。大阪芸大は引き受けてくれるのです。

が、地方でやるとなると移動費、宿泊費、80人いたとしたら?
20分弱の演奏に?

残念ながら、演奏会は諦めるしかありません。
これ程の金額が掛るならフィルム上映会のほうが安い。
やっぱり企画するなら上映会だと悟った次第です。
が、2199が盛り上ってる最中、素人がフィルムを引っ張りだす訳にも行きますまい。
さらばのフィルムを借りるのに実写版上映の影響がどれだけあったかをご存知の方は少ないか。

そんな事で当分は企てはありませんと言うお知らせ(汗。
また2199が落ち着いて、ヤマトが忘れ去られそうな頃にやりますか(笑)
息子が見ていない唯一のヤマトは完結編。
ぼくがスクリーンで観ていないのは唯一、新たなる旅立ち。
夢は膨らむが、現実はきびしいね。

7章は夏休みです。スクリーンで見せてやれるかな?
スポンサーサイト



[edit]

« 最終章は最終回   |  無知は恐れを知らず(汗) »

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://yamatoyotowani.blog.fc2.com/tb.php/74-1aa3c123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)